シミュレーション

不如帰(ファミコン)の攻略法とマル秘エンディングについて

不如帰とは

 

不如帰はホトトギスと読みます。戦国時代系のシュミレーションゲームです

自分が日本全国の大名となり天下統一を目指します

信長の野望に比べると、知名度が下がりますが、隠れた名作として名高いゲームです。

ちなみに、私は5回位クリアしました(笑

ちなみに、ある条件を満たすとエンディングが変わります

乱世エンディングになります。天下統一後すぐに崩壊するという内容です

やり方も攻略法の所に記載しておきます。他にも、川中島の戦い、長篠の戦なども再現できるとのことです。

 

不如帰の攻略法

 

不如帰の攻略法ですが、武将が優秀なことは言うまでもないので、ここでは地形に関しての攻略法を書いてみたいと思います

選ぶ大名がポイントですが、やはり一番は島津家ではないかと思います。薩摩の国の島津家が一番お勧めです

何故なら、後ろが無いから後方を気にせずに攻略出来るのです。武将の数が6人しか雇えないなどの設定があるので、南の方からどんどん国を攻め取っていけばよいのです。

この戦略は大事です。上杉謙信で始めたとします。そうした場合は、南に攻めるよりもさっさと東北地方を統一することが大事です。

そうした意味で島津家はクリアしやすい大名と言えるでしょう。ちなみに、コンピューターがやっている場合は、九州を統一した大名が一番勢力を伸ばすことが分かっています。

そういう意味でさっさと攻略したいのであれば島津家がお勧めです

 

不如帰の乱世エンディングについて

不如帰には普通の300年続いたとか、250年続いたというエンディングの他にも乱世エンディングが存在します。

やり方としては、最後に美濃国(現在の岐阜県)を攻め落とすようにします。すると乱世エンディングになるのです。

↑これが乱世エンディングになります。青色の画面が特徴です。最短でわずか1年で歴史から消え去ることになります(汗

不如帰の説明書に好きな戦国大名が斉藤道三と書いてあったので、このようなエンディングを用意したのだと思います

長篠の戦、川中島の戦いもあると言われていますね

 

不如帰の評価

不如帰の評価ですが、一部のユーザーにはかなり評価されています

しかし、城攻めで絶対に攻撃側の兵糧が先に尽きる。武将が6人しか雇えない。

家臣に謀反を起こされると絶対に死んでしまう。などのことも言われました

ちなみに私は織田信長で初めてゲームスタート直後に「かついえ」に謀反を起こされて死亡したことがあります(汗

他にも、戦国時代を忠実に再現したと言われる割に老衰で死ぬ武将が一人もいない。。。などの不思議な現象もありました

それでも、私は不如帰はいいゲームだったと思いますよ。スマホのアプリが出たらやりたいと思いますね

不如帰オンラインとかあったら面白いかも知れませんね

 

スマホでゲーム

スマホでゲームをしてみませんか?

もちろん全て無料でゲームができます

単純なゲームから難しいゲームまで様々です

懐かしのあのゲームを楽しんだり出来ます

モバゲーはこちらから